青年会議所(JC)とは

 

1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱を持った青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定に伴い青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。

共に向上し合い社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。

現在、全国に青年会議所があり三つの信条のもと、よりよい社会を目指しボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。更には、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として様々な活動を展開しています。

 

20歳から40歳までの志の高い青年経済人によって『修練』『奉仕』『友情』という三信条のもと、『明るい豊かな社会』の実現を目指す青年団体、それが青年会議所(Junior Chamber)です。